まず知っておこう!ムダ毛の仕組み

私たちの体には、いたる所に毛が生えています。
特に大事なところには、より多くの毛が生えていて、
守っている、と、聞いたことがあります。
でも、ムダ毛は処理して、
つるつる、すべすべの肌でいたいですよね。
正しいケアのポイントを、お教えする前に、
ここではムダ毛の仕組みについて、
お話しします。

体に生えている毛の数は、本数にして、
約100万〜150万本とも言われています。
その毛が、肌から出ている部分を“毛幹”、
皮膚の内部に埋まっている毛を“毛根”と呼び、
毛を抜いたときに、丸くなっている部分を“毛球”
と呼びます。
この“毛球”の先の部分には、
体の中で毛母細胞と密接していて、
栄養を吸収することで、毛が育つ仕組みになっています。
いわゆる永久脱毛は、この毛母細胞を破壊して、
発毛させないようにします。

次に、毛が生える周期ですが、
一定のサイクルで抜け替わっています。
◆成長期(数ヶ月〜数年)
毛が伸びている状態です。
成長期が長ければ、毛は長く伸びます。
◆退行期(1ヶ月半〜2ヶ月)
成長を終えた毛が、抜けるまでの期間です。
◆休止期(1ヶ月半〜2ヶ月)
毛が抜けて、次の成長期になるまで、
活動を停止している期間です。
休止期に入ると、毛が表面には出ていないため、
永久脱毛を何ヶ月にもわけて、施術するのはこのためです。
この周期は、体に生えている毛、全てに言えることで、
髪の毛にも、当てはまります。
薄毛でもう悩まないで!あなただけじゃない
髪や頭皮の悩みを、お持ちの方は、
ぜひ、ご参考にどうぞ。
つるすべ♪

<トップページ なぜムダ毛が濃くなってしまうのでしょうか?>
カスタム検索

ムダ毛をなくして素肌美人!〜つるつる!すべすべの肌になろう!〜

トップページ
まず知っておこう!ムダ毛の仕組み
なぜムダ毛が濃くなってしまうのでしょうか?
ストレスもムダ毛には良くない原因
ムダ毛が薄くなる方法とは?
ムダ毛が薄くなる食べ物ってあるの?
ムダ毛の脱毛・処理方法その1〜抜く〜
ムダ毛の脱毛・処理方法その2〜剃る〜
剃った後の処理と正しいアフターケアの仕方
普段の生活から気を付けて薄毛になろう
ムダ毛が薄くなる食事とは?
まだある!ムダ毛が薄くなる食事
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜顔の毛編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜背中編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜足の毛・ワキ編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜脱色編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜脱毛テープ編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜ワックス編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜ローション編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜毛抜き〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜クリーム編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜手・指編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜鼻の下編〜
ムダ毛の脱毛・お手入れ法〜鼻毛編〜
ムダ毛処理後の注意点〜かゆみ〜
ムダ毛処理後の注意点〜毛包炎〜
ムダ毛処理後の注意点〜埋没毛〜
ムダ毛処理後の注意点〜炎症性色素沈着〜
ムダ毛処理後の注意点〜瘢痕化〜
せっかくだから角質も取っちゃおう!
角質を取る方法とは?
多毛症という病気について
カミソリでのムダ毛処理の注意点
お出かけ前のお手入れ後の注意点
肌荒れとかゆみの正しい知識
肌荒れやかゆみの正しい治療法
肌荒れ、かゆみの予防と対策〜その1〜
肌荒れ、かゆみの予防と対策〜その2〜
スネのカサカサ、どうしよう!
正しいサロンの選び方
病院でも脱毛が出来る?
男性のヒゲのお手入れについて
やわらか肌を目指そう!
やわらか肌を手に入れるポイントとは?
ムダ毛処理のあとはボディケアを忘れずに
美肌を生むマッサージ法
今一度、女性ホルモンについて
ムダ毛に打ち勝つ生活方法〜その1〜
ムダ毛に打ち勝つ生活〜その2〜
ムダ毛の悩みは子供にも深刻
症候性発毛過多症という病気について
ムダ毛について私なりに思うこと

その他

リンク募集中